fc2ブログ

PICでWiFiを使う(4)

 このテーマですが、大変延び延びになって、そろそろ2か月が経ちます。いろいろ試行錯誤をしていました。元々はPICマイコンに接続されたセンサのデータをネットワーク経由(Wi-Fi)でパソコンに飛ばしたいなというのが動機でした。具体的には、PICのデータをUART通信でWi-Fiモジュール(ESP-WROOM-02)送り、それをノートパソコンのWeb上で確認する試みです。

 今までの流れを振り返ると、まず初めに、PICのプログラムを組む環境を整え()、次に、ESP-WROOM-02(ESP8266)でクライアントモードでATコマンドを触ったりしました(これは寄り道??)()。
 その後、PICとパソコン間のUART通信を確認し()、Arduino IDEでESP-WROOM-02(ESP8266)をアクセスポイント(AP)に設定して、Wi-Fiを介して、ノートパソコンからAPにWebアクセスできる所まで何とか来ることができました()。長い道のりです・・・。

 今回は、「PICとパソコン間のUART通信」を「PICとESP8266間のUART通信」に切り替えてのチャレンジです。配線は以下の通りです。PICのTX、RXをそれぞれESP82266のRXD、TXDに接続しました。ESP8266-PIC161113.png
 ESP8266側のプログラムは、Arduino IDEの中に参考になるコード(AdvancedWebServer)がありましたので、一部修正して使いました。Reference161113.png 最終的には、タクトスイッチを押した際に「PICtoPC」の文字をESP8266に送信し、ノートパソコンから確認できるようにしました。ESP8266側のAPのIPアドレスは前回と同様に、192.168.11.200にしました。

 結果は、以下の通りです。Result161113.pngうまく表示できました。長い道のりでしたが、PICのデータがWi-Fi経由で確認できました。

 今回使用したプログラムコードも一緒に紹介したかったのですが、PIC側、ESP8266側ともにコードの内容が十分理解できていません。もう少し勉強(理解)して、いろいろなカスタマイズができてからにしたいと思います・・。いつになることやら・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ご訪問者数

(Since 24 July, 2016)

タグクラウド


プロフィール

Dr.BobT

Author: Dr.BobT
興味のおもむくままに生涯考え続けるエンジニアでありたい。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: