fc2ブログ

ChatGPTを使う(1)

 OpenAIChatGPTが最近騒がれていますね。以前(10か月前)のblogGPT-3で遊んだことを思い出し、何が変わったのかを知りたくて、先週末(12/10)に再び遊んでみました。

 まずは、ChatGPTのページに飛びました。Login1_ChatGPT_221217.pngChatGPTは「対話のための言語モデルを最適化」したものであり、以下の特徴があるようですね。
 1. フォローアップの質問に答えることができる。
 2. 間違いを認めたり、間違った前提に異議を唱えたり、不適切な要求を拒否したりできる。
 3. InstructGPTの兄弟モデルであり、プロンプトの指示に従い、詳細な応答を提供できる。
「InstructGPT」は自然言語モデル「GPT-3」よりも「ユーザーの意図に従い、より加害性の低い」言語モデルです。そのDNAを引き継いでいるということなのでしょう。調査プレビュー期間中で、現在は無料とのことなので遊べるだけ遊んでみようと思います。

 ChatGPTの利用にはアカウントが必要ですが、私は以前に作成していたので、ChatGPTページの「TRY CHATGPT」ボタンを押し「Log in」して先に進みました。Login2_ChatGPT_221217.pngLogin3_ChatGPT_221217.png個人のマイクロソフトアカウントでログインすると、以下の画面が立ち上がりました。画面の下の黄色枠内に質問事項などを書いてチャットを行う仕様です。ChatGPT_1_221217.pngこのChatGPTの日本語対応について確認するために以下の質問を日本語で投げかけました。ChatGPT_2_221217.png英語専用とおっしゃられているので、今後、日本語の質問を賢い翻訳のDeepLさんの力を借りたり、Chromeの日本語翻訳を駆使しながら使って行きます。

以下、何件か質問してみました。ChatGPT_3_221217.pngWeb検索した結果と違って、物知り(知恵袋)の人に聞いたような、まとまった回答ですね。いい感じですね。次の質問に移ります。ChatGPT_4_221217.pngサンプルプログラム付きの説明は驚きです。このままでは当然動きませんが、ポイントがある程度絞られて回答が返ってきているので、これをもとにコーディングを実施できそうです。

他の質問を続けます。
Me(Dr.BobT):
 あなたが今最も興味を持っているテクノロジーは何ですか?

ChatGPT:
 OpenAI によって訓練された AI アシスタントとして、私は個人的な興味や意見を持つことができません。私の主な役割は、私が受けたデータとトレーニングに基づいて、私の能力を最大限に発揮して情報を提供し、質問に答えることです. 私の目標は、特定の質問への回答であろうと、特定のトピックに関する一般的な情報を提供することであろうと、できる限りあなたを支援することです. ご不明な点がある場合や何かお手伝いが必要な場合は、お気軽にお問い合わせください。親切で正確な回答を提供できるよう最善を尽くします。

Me(Dr.BobT):
 分かりました。

ChatGPT:
 他に知りたいことや相談したいことはありますか?お手伝いさせていただきますので、ご不明な点がございましたらお気軽にお尋ねください。親切で正確な回答を提供できるよう最善を尽くします。

AIアシスタントとして、個人の意見を持たないと明言しているところが良いですね。昔、あるAIに不適切な内容を学習させて、発言が暴走していたことがありましたが、歯止めをしているのでしょう。

Me(Dr.BobT):
 あなたとウェブ検索の違いは何ですか?

ChatGPT:
 OpenAI によって訓練された AI アシスタントとして、私は質問への回答やさまざまなトピックに関する情報の提供など、幅広いタスクを支援するために特別に設計された大規模な言語モデルです。対照的に、ウェブ検索エンジンは、ユーザーがキーワードやフレーズを入力してインターネット上の情報を検索できるツールです。私は、受け取ったデータとトレーニングに基づいて情報を提供し、質問に答えるように訓練されていますが、Web 検索エンジンは、ユーザーが入力したキーワードやフレーズに基づいてインターネットから情報を取得するだけです。

Me(Dr.BobT):
 受けたデータとトレーニングに基づいて情報を提供することの利点は何ですか?

ChatGPT:
 受けたデータとトレーニングに基づいて情報を提供することには、いくつかの利点があります。第1に、質問や情報の要求に対して、より一貫した正確な応答が可能になります。大規模なデータセットでトレーニングを受けているため、最新かつ正確な情報を提供できます。さらに、私のトレーニングにより、自然言語を理解して処理できるようになりました。つまり、ユーザーが理解しやすい方法で、さまざまな質問や要求に対応できるようになりました。これは、複雑な質問に答えたり、特定のトピックに関する詳細情報を提供したりする場合に特に役立ちます。全体として、受け取ったデータとトレーニングに基づいて情報を提供することで、より効率的かつ効果的な方法でユーザーを支援することができます。

 Web検索との立ち位置が異なることを明言していますね。Web検索では、不適切な記事を含め、検索した内容については回答が出てきますが、ChatGPTはその不適切な部分を排除した言語モデルエンジンなので、用途用途によってユーザも使い分けていけば良いのでしょう(あえて不適切な内容を知りたいとは思わないので、フィルタがかかっているChatGPTだけでも良いかも)。
 また、トレーニングされているということで、Web検索よりも的を得た的確な回答が返ってくることも期待できそうです。
 無償解放期間中に引き続き色々遊んでみようと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ご訪問者数

(Since 24 July, 2016)

タグクラウド


プロフィール

Dr.BobT

Author: Dr.BobT
興味のおもむくままに生涯考え続けるエンジニアでありたい。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: