fc2ブログ

新しいBingチャットを使う(2)

 前回の続きです。その後、BingのAIチャットを使っていると、先週2/19のYahooニュースに書かれてあるような長いやり取りをするうちにBingの口調がおかしくなるなどの「暴走」に直面しました。1日当たりの質問は50セッションまで、1セッション当たりのターン(やり取り)は5回までの制限が出る前の話です。

 内容の詳細は、Bing-AIチャットの言動に腹かいて(注:博多弁で「怒って」の意。感情的になると故郷の言葉が出る?)、記録を残さずに終了させてしまったので、ブログに載せることはできませんが、概要は以下の通りです。
 Bing-AIチャットが私の質問に回答して、Bingが自身の回答に対して「気に入りましたか?」と聞きましたが、「気に入りません」と私が返答すると、「なぜですか?」と逆質問。その後、何度か会話している間に、Bingは「なぜですか?」「なぜですか?」「なぜですか?」・・・の逆質問の連呼の嵐。挙句の果ては、話題を変えませんかと強制的に話題を停止させました。
 その数日後に、先ほどのチャットのやりとりの制限が出ました・・。開発中のものとは言え、ChatGPTに比べ、自己主張の強い頑固なAIと思いました。


 さて、気持ちを切り替えて、以前ChatGPTに質問した同じ内容をBingに聞いてみました。

 一つ目の質問は、時系列データを1分単位で処理するには、R言語でどのようにプログラムを作成しますか?
回答は以下の通りで、ChatGPTと同じように「xtsパッケージ」を使ったら良いとアドバイスをくれました。ChatGPTとは異なるサンプルコード付きでした。いい感じです。bing_R_program_230226.png

 次に、以前(2022/12/18)、ChatGPTが正しく回答できなかった「因数分解」の問題を出しました。以前のChatGPTの回答は以下の通りです。2回質問し直しましたが、誤答でした。ChatGPT_ factorization_before_230226Bingに質問すると、一発で見事正解。bing_ factorization_230226ちなみに今日(2023/2/26)改めてChatGPTに確認すると、今回は正解でした。日々学習しているのですね。ChatGPT_ factorization_after_230226 ChatGPTにしても、Bing-AIチャットにしても、日々学習しているので、誤ったことを学習して暴走しないことを祈ります。次回は、別の質問をChatGPTとBingに投げかけてその結果を比較したいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ご訪問者数

(Since 24 July, 2016)

タグクラウド


プロフィール

Dr.BobT

Author: Dr.BobT
興味のおもむくままに生涯考え続けるエンジニアでありたい。

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: